「すいトート」は、
水筒と水筒を持つ人のためのトートバッグです。


「すいトート」には自慢の水筒スペースが付いています。
この仕切りがあることで、バッグの中で水筒が転がりません。



仕切りはフラップ式なので水筒を持たない日はサイドに倒すと
容量をフルサイズで使えます。



一見ごくシンプルなトートバッグですが
他にもいろいろな工夫が詰まっています。




[ 素材 ]
綿100%。
鮮やかに染まった繊細な色あいが特徴の上質な国産8号帆布。
日本で織って日本で染めたとても丈夫な布地です。
始めのパリっとした感じも良いですが、使ううちに柔らかく、
織り目はふっくらと風合いが増してくるという楽しみもあります。

[ 縫製 ]
国内の縫製職人さんによる高い技術と細やかな心使いでしっかりと
縫い上げられています。

[ 軽さ ]
充分な厚みのある帆布を使っていますが、設計の工夫によって
とても軽量に仕上がっています。

[ 底マチ ]
ポーチ以外の側面はマチの折り返しが外側にあります。
このことで、側面の見た目のアクセントになると同時に
バッグが自立しやすくなっています。



[ 布端の始末 ]
布端はフラップポケットの裏まですべてテープでくるまれています。
丈夫さと美しさとともに、このテープが柱の役割をしてバッグの
安定感を出しています。



[ Dカン ]
全てのモデルにはキーチェーンやパスケースなどを取り付け
できるDカンが付いています。
ここに繋げておけばバッグの底で小物が迷子になりません。



[ ボタン ]
スナップボタンを止めれば、中身が飛び出したり丸見えになりません。
光沢をおさえた真鍮色の金属ボタンを付けました。



[ 革タグ ]
革作家さんによる手作業で作られている牛革に型押しロゴのタグ。
ボタンと同じく真鍮色の金具とチェーンです。



[ ポケット ]
低い位置についた内ポケットはモノを入れてもバッグが
倒れにくく、名刺入れや定期入れ、携帯電話などの小物も
安心して入れておくことができます。

[ 底板 ]
水筒が入ってもバッグがたわまないように底板が入っています。
お弁当など、水平に運びたい物にも安心です。



[ 持ち手 ]
Lサイズの持ち手は、コートを着ていたり、男の人でもラクに
肩にかけられるたっぷりした長さです。
太幅で、荷物の重さも緩和します。
込み合った電車やお店の中などでコンパクトに持てるように
短い持ち手を付けました。これはデザインのアクセントにも
なっていますが実際に使ってみると本当に便利です。

Sサイズの持ち手は「バッグ in バッグ」にしたときにじゃまに
ならないように短めに、そして持ちやすいカーブが出るようにと
工夫しました。



「こうだったらいいな…」と思うカタチを求めて
何度も試作検討し、縫製屋さんにはわがままを聞いてもらいながら
教えてもらいながら「すいトート」シリーズは生まれました。

「すいトート」は5種類あります。
全ての「すいトート」は、胴回り27cmくらいまでの水筒がすっぽり
収まります。
それぞれついて詳しくは↓からご覧下さい。

すいポーチはこちら
Sサイズはこちら
Mサイズはこちら
N(ななめがけ)はこちら
Lサイズはこちら











line up